アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

浜松市東区の芳川に居た鯉(こい)

f:id:yumemizuki3vision:20210614233246j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210614233249j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210614233253j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210614233256j:plain

 浜松市東区の芳川にカルガモなどの鳥はいなかった。水面に居たのは一羽のカラス。

 芳川の左岸を少し進むと、上西町の芳川を泳いでいたのは鯉(こい)で、一匹は緋鯉。2021年6月13日(日)夕方の芳川の様子。

第63回アース・エコ・フェア浜松城公園2021(6月)

f:id:yumemizuki3vision:20210606005913j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210606005917j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210606005920j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210606005923j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210606005926j:plain

 6月5日(土)から6月6日(日)は、浜松市浜松城公園中央芝生広場で「第63回アース・エコ・フェア浜松城公園2021」を開催。

 6月5日(土)はアート&クラフト作品の展示販売と、物産は2店が販売。ポニー[emoji:1BE]の参加もあり、ポニーを見た人たちはポニーの傍に寄り、ポニーの顔や頭を撫でていた。6月5日(土)の午後は、アフリカ産の鷲(わし)の飼い主が3歳の鷲の雌「ぐうぐう」を連れて訪れた。

 浜松城公園中央芝生広場には多くの鳩(はと)がいた。鳩は人に慣れていたが、小学生の子どもたちは鳩を追い掛け、鳩に石をぶつけている子どもたちもいた。せせらぎ池周辺でも小学生の子どもたちが鳥を追い回し、石をぶつけていることがあると聞き、驚いた😲‼️。子どもが鳥たちに石をぶつけても親は注意しないと人々は語っていた。

5月は「第55回アート・メッセ浜松2021」

f:id:yumemizuki3vision:20210523010205j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210523010209j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210523010212j:plain

 5月22日(土)から5月24日(月)は「第55回ART MESSE HAMAMATSU2021」(アート・メッセ浜松)を開催。場所はJR浜松駅北口、遠鉄百貨店前の浜松市ギャラリーモール・ソラモ。

 作家のアート&クラフト作品は、木工品、木製家具、陶磁器、山ぶどうかご、シルクショール、染小物、軽い鞄、西陣織鞄、帆布バッグ、革小物、切り絵、とんぼ玉、彫金細工、アクセサリー、シルク・アルパカ素材手織りマフラー&ストール、染織、婦人服、光で動く鳥など。

 物産は、山梨県産ワイン・ぶどうジュース、沖縄料理、飲み物、焼き小籠包。

 ポニー[emoji:1BE]は5月23日(日)に参加。アフリカ産の鷲(わし)は5月24日(月)に来ると云う。ポニー🐴や鷲(わし)を見て撮影したり、楽しむ人は多い。

5月4日の「第62回アース・エコ・フェア浜松城公園2021」

f:id:yumemizuki3vision:20210506014051j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210506014054j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210506014057j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210506014100j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210506014103j:plain

 5月4日(火祝)は「第62回アース・エコ・フェア浜松城公園2021」の3日目で、浜松城公園中央芝生広場で行っていたのはアート&クラフト作品の展示販売と実演、体験。

 大型犬や兎(うさぎ)と訪れた人がいて、珍しい動物を見ると撮影する人たちがいた。

 5月4日(火祝)はポニー(小型馬[emoji:1BE])のふれあい体験があり、アフリカ産の3歳の鷲(わし)も来て、夕方までいた。