アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

5月11日夜居たニホンアマガエル

f:id:yumemizuki3vision:20190512111308j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190512111318j:plain

 玄関近くの灯りが点いている場所で昨年最後にニホンアマガエルを見たのは12月2日(日)。秋の夜は明るい場所に姿を見せ、そばに近付いても逃げずじっとしているカエルたちだった。冬は地中で冬眠するから見ることはなかった。

 アマガエルが今年初めて灯りがある場所に居たのは5月11日(土)夜8時過ぎ。そばに寄って写真を撮ってもじっとしていて動かない。アマガエルは体色の変化が可能で、皮膚毒があるので、触れば手を洗う必要があるという。手足に吸盤があり、自由に動けるアマガエルで、これから夜はまた時々いろいろなアマガエルが姿を見せるだろう。