アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

「第48回アート・メッセ浜松2019」5月25日(土)会場風景

f:id:yumemizuki3vision:20190528135127j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190528135132j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190528135135j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190528135139j:plain

 5月25日(土)と5月26日(日)、静岡県浜松市浜松市ギャラリーモール・ソラモで開催したのは「第48回ART MESSE HAMAMATSU 2019」(アート・メッセ浜松)。JR浜松駅北口、遠州鉄道新浜松駅前の浜松市ギャラリーモール・ソラモは、観光客や旅行者なども多く、人通りの多い賑やかな場所である。初日25日(土)の開催時間は11時から17時。

 出店は、出店者自身のアート・クラフト作品、生産者の物産、など。

 初日5月25日(土)午後2時からは東京浅草剣舞会エッジが「アート・メッセ浜松」会場で殺陣・剣舞を実演。剣舞会は午前9時から12時までは、クリエート浜松1階ふれあい広場でワークショップを開催していた。ほぼ毎月クリエート浜松で殺陣・剣舞のワークショップを開催している。

 静岡県で東京浅草剣舞会エッジが初めて殺陣・剣舞を演じたのは去年2018年4月22日(日)と4月29日(日)。当団体が浜松市ギャラリーモール・ソラモで主催している「アートフェスティバル」と「アート・メッセ」に出演。その後6月3日(日)は浜松城公園の「第5回出世の街浜松家康公祭り」に出演し、今年6月2日(日)は「第6回出世の街浜松家康公祭り」にも出演する。6月2日(日)午前中はクリエート浜松でワークショップを実施、殺陣・剣舞の参加者も募集している。

 写真は、5月25日(日)「第48回アート・メッセ浜松2019」会場で殺陣・剣舞を演じた東京浅草剣舞会エッジ。