アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

浜松クラフトフェア6月22日(土)会場風景

f:id:yumemizuki3vision:20190624114141j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190624114145j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190624114149j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190624114153j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190624114156j:plain

 6月21日(金)から静岡県浜松市のJR浜松駅北口、遠鉄百貨店前の浜松市ギャラリーモール・ソラモで「第6回浜松クラフトフェア2019」を開催している。毎年、梅雨時の6月に開催し、今年で6年目「第6回」の「クラフトフェア(工芸展)」で、アート・クラフト作品の展示・販売・実演・体験を実施。開催は6月23日(日)午後4時まで。

 6月22日(土)午前中は、静岡放送SBSテレビと浜松ケーブルテレビの撮影取材があり、テレビで放送された。東愛知新聞には作品などの写真2枚を記載したA4サイズの記事が掲載されており、新聞を持って愛知県から訪れた人もいた。今回の「クラフトフェア」は旅行専門雑誌「じゃらん関東東北版」にも掲載されていた。クラフト作家、アーティスト、伝統工芸士は関東、中部、近畿から参加しているので、報道機関の広報には感謝している。