アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

10月20日(日)「アース・エコ・フェア浜松城公園」の空

f:id:yumemizuki3vision:20191022004518j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20191022004522j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20191022004527j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20191022004530j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20191022004533j:plain

 10月20日(日)、静岡県浜松市浜松城公園で開催したのは「第43回アース・エコ・フェア浜松城公園2019」。

 アース・エコ・フェア(地球環境展)は毎月1回、土・日曜日に開催しているが、10月19日(土)は雨が降ったので、中止した。土曜日が中止になったので、1日のみの出店をしない出店者は日曜日も欠席した。 

 この2日間は浜松城公園の駐車場でもイベントがあり、駐車場は駐車禁止になっていた。事前に観光バスの駐車も断ったというので、観光客はいつもより減り、無料駐車場が駐車禁止になっていたので来園者も少し少なかった。

 周辺の有料駐車場に行って、歩いて来たという人は「公共の駐車場は簡単に駐車禁止にすべきではない」と語り、浜松市の来園者は「駐車場の半分が空いているような状況だから、観光バスは駐車させれば?」と話していた。

 浜松城公園の空は朝から夕方まで雲があり、青天にはならなかった。暑い陽射しがないので、過ごしやすい一日だった。