アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

12月11日(金)から「第53回アート・メッセ浜松2020」

f:id:yumemizuki3vision:20201209124117j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20201209124120j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20201209124125j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20201209124128j:plain

 12月11日(金)から12月13日(日)はJR浜松駅北口、遠鉄百貨店前の浜松市ギャラリーモール・ソラモで「第53回ART MESSE HAMAMATSU 2020」(アート・メッセ浜松)を開催。

 出店者自身のアート&クラフト作品、生産者の物産・植物の展示販売と、アートの実演・体験を行い、ポニー[emoji:1BE]のふれあい体験もある。今回は各地のコロナウイルスの状況を考慮し、出店数を減らし、ブースを離して開催する。

 アート&クラフト作品は、木工品、木製家具、陶芸、銅細工、鉄アート、革靴&革小物、革製品、山ぶどうかご、京友禅、染織、創作服、エプロン、布小物、手づくり鞄、京都西陣織高級鞄、帆布バッグ、羊毛ムートン製品、編み物、シルク&アルパカ手織りマフラー・ストール、アクセサリー(とんぼ玉、シルバー、七宝焼、彫金)、銅ペンダント、ハーバリウム・花雑貨、ドライフラワー、動物アート、アニマル時計、立体絵画、切り絵、パステル画、木版画、光で動く鳥、など。

 物産は、山梨県産ワイン・ぶどうジュース、三ヶ日みかん、焼菓子(ワッフル)、焼き小籠包・いちごけずり、タピオカドリンク、洋蘭・多肉植物・季節花、など。

 動物関連は、ポニーふれあい体験。

大屋根があるので雨の影響はほとんど無く、過ごしやすい会場で、ポニー🐎を観て楽しむ人は多い。

[名称]第53回ART MESSE HAMAMATSU 2020(アート・メッセ浜松)

[日時]2020年

12月11日(金)11時-17時

12月12日(土)10時-17時

12月13日(日)10時-16時

※雨天決行(会場には大屋根がある)

[場所]浜松市ギャラリーモール・ソラモ

    (JR浜松駅北口、遠鉄百貨店前)

    静岡県浜松市中区砂山町320-1

[アクセス]

①JR浜松駅北口より徒歩1~2分

遠州鉄道新浜松駅より徒歩1分

③バスターミナルより徒歩約2分

[駐車場]周辺には有料駐車場がある

[道路]

東名高速道路「浜松IC(インターチェンジ)」より約8km、車で約20分

東名高速道路「浜松西IC」より約10km、車で約30分

③新東名高速道路「浜松浜北IC」より車で約40分

※写真は前回2019年12月14日(土)と15日(日)に開催した「第50回アート・メッセ浜松2019」の会場風景。日曜日はステージ「STARSHIP」(スターシップ)を行い、大勢が観ていた。