アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

第1回浜松クラフト展2021(5/1-5/3)

f:id:yumemizuki3vision:20210505231116j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210505231120j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210505231123j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20210505231126j:plain

 「第1回浜松クラフト展2021」は、JR浜松駅北口の浜松市ギャラリーモール・ソラモで、5月1日(土)から5月3日(月祝)まで開催。

 クラフト作家、アーティスト、伝統工芸士が出展。作品は木工品、木製家具、陶磁器、銅細工、革靴&革製品、山ぶどうかご、京友禅、シルクショール、染織、創作服、帽子、布小物、手織りマフラー・ストール、手づくり鞄、帆布バッグ、彫金・七宝焼アクセサリー、シルバーアクセサリー、立体絵画、動物時計、ハーバリウム・花雑貨、光で動く鳥など。

実演は山ぶどうかご、体験はアクセサリー。

 ポニー(小型馬[emoji:1BE])も3日間参加して、ふれあい体験を実施。アフリカ産の3歳の鷲(わし)は5月3日(月祝)に訪れ、動かずじっとしていた。

 ポニー[emoji:1BE]や鷲(わし)を見ると立ち止まり、側に寄る人たちは多かった。見た人たちは側に寄り、撮影していた。子どもたちもポニー[emoji:1BE]の顔や頭を撫で、楽しんでいた。