アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

浜松城公園の日本庭園の池を泳いでいた縞蛇

f:id:yumemizuki3vision:20190505224328j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190505224332j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190505224340j:plain

 5月3日(金・祝)から5月5日(日)は浜松城公園中央芝生広場で「第38回アース・エコ・フェア浜松城公園2019」を開催。2日目の5月4日(土・祝)、ミゾゴイの撮影に来たと話し、写真を見せた人がいたので、5月4日夕方、ミゾゴイを観ようと浜松城公園日本庭園に行った。

 ミゾゴイが現れるのを待っていた時、日本庭園の池を泳いで来たのは縞蛇(シマヘビ)。縞蛇(シマヘビ)はナミヘビ科の日本固有種の無毒の蛇で、全長は80cmから2mとされている。

 浜松城公園日本庭園の池を泳いで来た蛇は約2mの長さを持つ蛇だった。全長の長い縞蛇(シマヘビ)はしばらく水面に居て、水面から上に上がる様子は無かった。その内水面から壁の岩の間に移動し、縞蛇(シマヘビ)の姿は見えなくなった。

 ミゾゴイは茂みから現れなかった。