アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

9/21-23「第9回地球といきものたちのまつり2019」

f:id:yumemizuki3vision:20190908154214j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190908154217j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190908154221j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190908154230j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20190908154234j:plain

 9月20日から9月26日は動物愛護週間で、今年は動物愛護週間制定70周年。9月21日(土)から9月23日(月・祝)の3日間は、JR浜松駅北口広場で「第9回地球といきものたちのまつり2019 ─動物愛護フェスタin浜松─」を開催する。生き物の現状と自然環境を知って、考える機会にしたい。

 動物パネル展、地域猫パネル展、動物愛護福祉普及啓発チラシとパンフレットの配布、動物書籍の展示などと、Go!Catsなど動物愛護団体の活動紹介とパネルの展示、犬猫譲渡相談、動物ふれあい体験、ポニーの紹介、募金を実施。

 毎年9月、動物愛護週間の時期には「地球といきものたちのまつり」を開催し、動物愛護福祉団体の参加と、ボランティアスタッフを募集している。協力可能な個人、グループ、団体はご連絡ください。

 9月22日(日)は午後1時から6時まで、JR浜松駅北口広場キタラでステージ「STARSHIP」を実施。

 東京から歌手・蒼一心、池袋歌劇団、富士から弁慶、愛知から風流院、🕺SHU-HEI、和太鼓パフォーマンス集団SERO、浜松と周辺からはAJ DANCE CLUBなどダンサーたちが出演。動物のイメージで出演する場面もあり、動物愛護管理法の講演などもあって、楽しめるステージである。いのちの大切さと自然環境、地球の問題について考えませんか。

 

 キタラのステージでは、衆議院議員源馬謙太郎氏に動物愛護管理法改正などに関する講演をお願いしているので、9月22日(日)午後はいろいろ聴くことができる。

 今年は子猫など捨て猫が異常に多いというので、犬のように猫も登録にすれば野良猫は次第に減る。猫を大切に思う人も猫が嫌いな人も、猫が登録制になれば野良猫の問題は無くなると考え、人々は皆同意を示す。いのちの大切さ、共生、いのちにやさしい環境づくりについて、できることから始めませんか‼️