アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

夕方まで大勢が訪れていた11月の浜松城公園

f:id:yumemizuki3vision:20191122094318j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20191122094321j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20191122094324j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20191122094327j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20191122094330j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20191122094333j:plain

 静岡県浜松市街なかの浜松城公園で「第44回アース・エコ・フェア浜松城公園2019」を開催したのは11月16日(土)と11月17日(日)。11月16日(土)は朝から雲一つない青天で、暖かく、過ごしやすかった。11月17日(日)も晴天で、朝から訪れる人は多かった。

 

 駐車場は満車状態で、ホテルコンコルドホテル浜松前の道路は渋滞していた。夕方3時から4時頃も人は減らず、駐車場から観光バス2台が去ったのも5時少し前だった。観光客も夕方まで訪れていたのである。土・日曜日は青天、温暖な環境で楽しめる浜松城公園だった。

 土曜日の出店者は千葉、岐阜、愛知、大阪から参加していて、日曜日も岐阜県土岐市、愛知県名古屋市などから出店者の参加があった。浜松市地球温暖化防止活動推進センターはチラシの配布とパネルを展示していた。地球環境を知り、考えて、守ってほしいのである。


 写真は、「第44回アース・エコ・フェア浜松城公園2019」(地球環境展)11月17日(日)の会場風景。