アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

9月27日の「第54回アース▪エコ▪フェア浜松城公園」会場で見た鷲▪鷹▪鳥

f:id:yumemizuki3vision:20201005011635j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20201005011638j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20201005011642j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20201005011645j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20201005011648j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20201005011652j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20201005011655j:plain

 9月26日(土)と9月27日(日)は静岡県浜松市浜松城公園中央芝生広場で「第54回アース▪エコ▪フェア浜松城公園2020」を開催。

 9月27日(日)の出店は、木工工芸品、木工ブックカバー、七宝焼アクセサリー、風景ジオラマ、帽子、布作品、レザー、ビーズアクセサリー、布小物、手作り犬服・犬雑貨など。植物は洋蘭、多肉植物、食虫植物、園芸資材で、生産者の物産はしらす

 保護猫2匹を連れて、保護猫譲渡会の参加もあり、会場を訪れた人は猫を観ていた。

 以前から時々会う鷲(わし)が昼前に来たので、楽しんで観ていた。鷹(たか)や珍しい鳥アメリチョウゲンボウ(鳥鋼ハヤブサハヤブサハヤブサ属)を連れて訪れた人もいて、観た人たちは傍に寄り撮影していた。以前と今回浜松城公園で見た鷹(たか)は3羽で、また来ると云う。