アート情報et日々の風景

文化団体代表。アートフェスティバル、クラフトフェア、アート・デザール(芸術展)、文化展、アース・エコ・フェア(地球環境展)などアート情報と、自然と生き物、日々の風景。

6月19日から「第7回浜松クラフトフェア2020」

f:id:yumemizuki3vision:20200619020103j:plain

f:id:yumemizuki3vision:20200619020108j:plain

 6月19日(金)から6月21日(日)は浜松駅前の浜松市ギャラリーモール・ソラモで「第7回浜松クラフトフェア2020」を開催。新型コロナウイルスの日本の現状により、今回は出展数を半減し、作品力のあるクラフト作家、アーティスト、伝統工芸士が出展。作品の展示、販売、実演、体験を行うクラフトフェアは毎年梅雨時の6月に開催し、今年は「第7回」で7年目になる。

 出展作品は陶芸、木工品、木製家具、ステンレスグッズ・表札、鉄アート、竹工芸、ガラス小物、トンボ玉、アクセサリー、革靴&革小物、染織、京友禅帯、山ぶどうかご、絹ショール、創作服、布小物、手織りマフラー・ストール、ぬいぐるみ人形、毛糸の犬、樹脂粘土の花、下駄・雪駄・草履、ドライフラワーハーバリウム、コサージュ、動物時計、立体絵画、切り絵、光で動く鳥、オルゴール、など。

 入場無料。雨天決行(大屋根があり、殆ど雨の影響はない)。ご来場ください。


 写真は前回「第6回浜松クラフトフェア2019」会場風景。